白水マサキ<guitar>

 

14歳の頃から独学でギターを始める。

数々のバンド経験を経て、27歳の頃からジャズギタリスト・田口悌治氏の元でジャズギターの基礎を学びつつ、セッションへの参加などを積極的に行う。

2002年、「トワトワ座」を結成。以降、ジャズやボサノヴァなどのスタンダード曲のほか、オリジナル曲の制作を行う。

音楽だけでなく、水墨画家や身体表現者との即興演奏コラボレーションや、演劇ワークショップへの参加、映像作品への楽曲提供、ソロワークスなど活動の幅を広げる。

そのほか、10弦ギターやギターシンセサイザーを用いての楽曲制作など、さまざまなことに意欲的に取り組む。

 

アコーディオンとのデュオ「キネマチコル」では、フラメンコなどラテンのギターテクニックを駆使した独自の演奏が好評。

 

「白水ギター教室」主宰。 

 

 


カタギリアヤ<accordion>

 

演劇的音楽デュオ「トワトワ座」の歌•語り•作詩などを担当し、活動する中で、ある日突然アコーディオンを弾きたくなり、学び始める。

いわつなおこ氏の元で学び、現在は「キネマチコル」のアコーディオン弾きとして積極的にライブやイベントなどに出演中。


トワトワ座

 

多彩な要素を取り入れた曲に、谷崎潤一郎や江戸川乱歩的世界に傾倒した歌詞をのせた、独特の世界を築くギター・白水マサキと歌、語り・カタギリアヤによるデュオ。

 

舞踏家とのコラボレーションなど、音楽の枠に囚われず活動を展開。

2009年、2度に亘って江戸川乱歩をモチーフに文学・音楽・舞踏・ファッション・空間美術を融合したイベント「乱歩ナイト」をプロデュース。

 

翌年には、小泉八雲の怪談作品の朗読やライブ、舞踏等を交えた乱歩ナイトに続く音楽と文学のイベント「く・わいだん」を開催。